メインイメージ画像

マンションの経営の成功の秘訣は入居者層を絞りこむことです

今後の生活を考えたとき、不動産を貸すという形で経営することができれば、賃料による収益を期待することができます。例えば老後の生活の安定を考えれば、不動産経営は魅力的な方策の一つです。

不動産マネージメントの中で人気が高いのはマンションの経営です。
マンションは、アパートよりも賃料は高く設定しますが、マンションの造りや装備はアパートよりも充実しています。家は衣食住を行う場所なので、充実した状況での生活を望んでいるという人は多く存在しています。

ですから、マンションの経営は安定して収入を得るための投資と言えます。ただし、マンションの経営を成功させるためにはポイントがあります。

まず、マンションを建てる場所やマンションの内容、対象とする顧客層などをきちんと決めることが重要です。
例えば、駅の近場は、土地を買う費用が高くなります。郊外の土地は駅周辺や駅まで徒歩数分といった土地よりも安いですが、郊外ということは交通の便が良いとは限りません。

また、マンションの内容としては、部屋数や広さ、設備など、細かい部位まで決めることになります。マンションの内容はとても重要なポイントなので、時間的コストがかかってしまったとしても納得できるまで考える必要があります。

また、マンションの内容を決める時に影響するのは、マンションに入居して欲しいお客の層を決めることです。顧客というのは、単身やファミリー層というだけではなく、40歳台から50歳台位の年齢による顧客層もあります。

狙うべき顧客層をはっきりとさせることができれば、後は顧客層が生活し易いようなマンションを建設し、経営をするのみです。家賃収入で稼ぐためには、可能な限り空室を作らないことが大切です。空室のままでは利益が発生しないので、極力空室を作らないことがマンションを経営するにあたっての肝となっています。空室が出ないようにするためには、マンションの魅力を最大限にアピールし、興味を持ってもらえるような行動をすることが必要です。

更新履歴

2015.12.07
»サイトをアップしました。
2015.12.19
»ページを追加しました。